HOME > 怪我・痛みの治療 > 肩こり・首のこりについて

肩こり・首のこりについて

肩こりについて

肩こりは腰痛と並んでかなりの人が患っています。凝る場所によって問題となっている部分が様々であり、原因も様々です。
一般的に言われている筋肉の血流が悪くなって、疲労物質が溜まっていることもあるでしょうが、そうでないこともあるようです。

1首が主にこる
首が主にこるのイメージ 胸椎(背中)からの歪みと頚胸椎移行部(首と背中のつなぎ目の部分)そして後頭環椎移行部(首と頭のつなぎ目の部分)が多いようです。たまに頭蓋骨の歪みから首の上の部分に問題を起こしている人もいます。反対に多くの頭痛の原因ともなっています。最近多くなったパソコンなどによる目の疲労や歯、鼻、耳などの不調もこの部位と関係があります。

対処法 アイスパックで首と目を冷やします。その後にお風呂に入って暖めます。それから首を左右どちらかに回すか傾けて堅い方向に動かします。そこからコリが楽になるほうに動かします。その時に左右どちらかの手で抵抗を掛けます。抵抗を維持して3秒後に瞬間的に脱力します。その時に一緒に息を吐きましょう。それで楽にならなかったら治療が必要です。

このタイプの肩こりに対して、当院ではおもに以下の4つのテクニックで治療しています。
2 首の付け根から肩先にかけてこる
首の付け根から肩先にかけてこるのイメージ 頚胸椎移行部(首と背中のつなぎ目の部分)そして肋骨の1,2番目、腕の問題、頚椎の問題が多いようです。

対処法 コリのある肩先から首に向かって3~4㎝のところにあるコリを押さえます。コリが緩むところまで首をコリのある側(右肩なら左)を向きます。そのまま30~90秒ほど維持します。それで楽にならなかったら治療が必要です。

このタイプの肩こりに対して、当院ではおもに以下の4つのテクニックで治療しています。
3 肩甲骨に沿った部分がこる
肩甲骨に沿った部分がこるのイメージ 肋骨の3~6番目の問題と胸椎の問題が多いようです。さらに右側なら肝、胆嚢、左側なら胃の問題から凝る人もいます。
対処法 寝返りとハイハイのエクササイズがお勧めです。それで楽にならなかったら治療が必要です。
このタイプの肩こりに対して、当院ではおもに以下の4つのテクニックで治療しています。
4 肩甲骨の中央部がこる
肩甲骨の中央部がこるのイメージ 首の神経が上手く流れていないか、腕の問題が多いようです。
対処法 首を左右どちらかに回すか傾けて堅い方向に動かします。そこからコリが楽になるほうに動かします。その時に左右どちらかの手で抵抗を掛けます。抵抗を維持して3秒後に瞬間的に脱力します。その時に一緒に息を吐きましょう。それで楽にならなかったら治療が必要です。このタイプの肩こりに対して、当院ではおもに以下の4つのテクニックで治療しています。
5     どこが凝っているのかはっきりしない。
    どこが凝っているのかはっきりしない。のイメージ いつ、どこで、何をしているとき、これらがはっきりしていないときは心理的問題・エネルギー的問題が多いようです。

所在地
東京都板橋区南常盤台1-34-8
最寄駅
ときわ台駅徒歩2分
診療時間
AM9:00~AM12:00
PM15:00~PM19:00
※完全予約制
(要電話予約03-5966-9705)
受付時間:火~金の15時~19時

休診日
日曜,祝日,月曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ